TOPICS

名古屋市、豊田市の派遣会社エイチアールテクノの考える、派遣法改正による派遣社員へのメリット

派遣法(労働者派遣法)は、1986年の施行以降、何度も改正されています。
2020年4月には、派遣社員さんに有利な「同一労働同一賃金」を反映した改正がありました。

派遣社員さんにとって有利な改正も多数ありますので、
知らないと損する「派遣法改正のメリット」をご紹介します。


「2020年派遣法改正」の主な内容


2020年の派遣法改正は、正規社員と非正規社員の不合理な賃金格差(正社員と比べて派遣社員が損をする部分)を無くすことが主な目的です。
「働き方改革」の一環である「同一労働同一賃金」を派遣社員でも実現する、ということです。

それにより「時給がUPする」「交通費が支給される」等の良い契約変更が、多くの派遣契約で実施されました。

  • 時給UP(職種ごとの基準時給×都道府県別の指数)※勤務年数やスキルが加味される
  • 交通費支給(一定額を時給上乗せor実費支給)
  • 正社員と同等の福利厚生(派遣元の正社員と比較)  など

※当社が採用している「労使協定方式」のケースを想定

派遣社員全員が、待遇UPしたの?

「私は時給上がってない」という方も、もちろんいらっしゃいます。
その理由は、以前から基準以上の時給設定だったから。
交通費についても、すでに基準額が支給されていた方は変更無しです。

※基準以上の時給だった場合でも、これを機に時給を下げることはNGとされています。

わかりにくい点もありますが、派遣会社は派遣社員さん一人一人に対して、
その方の基準賃金と実際の時給(その他待遇含む)がどのようになっているか、
しっかり説明する義務があります。

同一労働同一賃金とは…

「働き方改革」が進んでいく中で、「同一労働同一賃金」というワードが良く聞かれるようになりました。

「同一労働」同じ仕事なら「同一賃金」同じ給料、ということで意図することは分かると思いますが、
単純に「同じ仕事」=「同じ給料」という訳ではありません。

例えば、同じ職場・同じ仕事でも、一人は10年の経験があって技量もある、
もう一人は1年目で仕事にも慣れていない、という場合、同じ給与ではおかしいですね。
習熟度によって給与に差をつけることは、厚生労働省のガイドラインでも示されています。

他に、同じくらいのスキルだとしても、
・リーダーとして、何かトラブルがあった際の責任がある
・転勤の可能性がある
・勤務地の立地(都道府県・市町村の違い)
など、仕事内容以外の違いがある場合も、賃金に差が出ることになります。

それぞれの会社に、どのような基準でその方のスキルを判断するか、という指針が用意されていますので、
疑問に感じた際には担当者の方に質問するようにしてください。

参考URL 厚生労働省「同一労働同一賃金ガイドライン」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000190591.html