同一労働同一賃金についてのQ&A (管理者用)

Q&A2 交通費・賞与・福利厚生など

              Q&A1 労使協定・待遇決定についてはこちらへ

Q10 通勤交通費は支給されますか?

A10 基本的には実費支給します。上限は月15,000円です。
(自宅から2km以内の勤務先の方は支給されない等、ルールがあります)

Q11 交通費が支給されるようになる分、時給が下がりませんか?

A11 交通費の分時給が下がる、ということはありません。今まで交通費が支給されていなかった派遣社員の方にも、実費交通費が支給されるようになります。

Q12 交通費には課税されますか?

A12 交通費(通勤手当)は、税制上の年収には含まれませんので、所得税は非課税扱いです。ただし、社会保険上の年収には含まれるため、通勤手当支給による社会保険料の等級変更の可能性があります。通勤手当に対して0.3%の雇用保険料もかかります。

なお、通勤手当支給により年収が130 万円を超える、もしくはご家族の収入の2 分の1 を超える場合、社会保険の扶養から抜けなくてはなりません。
扶養内で収入調整されている場合、詳細はご家族の所属先企業にご確認くださいますようお願いします。

Q13 今後は賞与が出るようになりますか?

A13 一時金としての賞与は出ません。時給に含めてお支払いします。
皆様の賃金は、行政から示された一般の労働者の賞与相当分を含めて算定しています。一時金としての賞与ではありませんので、評価により変動することはありません。

一般的に賞与は、支給対象期間における企業業績や各労働者の業務成績等の人事評価などを考慮の上支給額を決定し、支給日に在籍(就業)していることを条件として後払いで支払います。しかし、派遣社員は限られた期間での就業となることから、賞与の査定期間・支給日に在籍していないなどの理由で、賞与を受け取ることができない方が出てきます。
労使協定方式の場合には、後払い方式でなく時給に含めて前払いで支給する方式としてもよいこととなり、一般賞与の率も行政より示されています。
これを受け、当社では派遣社員の皆様に対し、毎月の給与の都度、時給に含めて前払いでお支払いする方式を取っています。

Q14 派遣先には社員が安価で利用できる福利厚生(ホテルの優待等)があります。
    私も利用できるようになりますか?

A14 保養所・ホテル等、職場以外の福利厚生は、派遣先の状況によります。食堂、休憩室、更衣室など勤務場所にある福利厚生施設は、派遣先社員と同様に利用できます。
エイチアールテクノの福利厚生もご利用頂けます。(ホテル、レストラン、レジャーの優待など)

             派遣スタッフ向け「同一労働同一賃金」ページはこちら