同一労働同一賃金についてのQ&A (管理者向け)

同一労働同一賃金についてのQ&Aです(JASSA資料を元に作成)
派遣スタッフさんから質問があった際にも参考になると思います。他にも質問があれば、大角か下地社長までお問合せください。         ※本ページは派遣スタッフには非公開です

Q&A1 労使協定方式・待遇の決定 など

                  Q&A2(交通費・賞与など)は こちら

Q1 「同一労働同一賃金」とはなんですか?

A1 企業内で、正社員とそれ以外の社員(有期雇用社員、パートタイム社員、派遣社員等)の不合理な待遇差を解消することを目的としています。

2020年4月より派遣法が改正され、派遣会社は ①「派遣先均等・均衡方式」 ②「労使協定方式」いずれかの方法により、派遣社員の待遇を確保することが義務化されました。

Q2 「同一労働同一賃金」は、同じ仕事なら同じ賃金がもらえるということですか?

A2 基本的には「仕事内容・責任の範囲が同じであれば同じ待遇、違いがあれば違いに応じた待遇」というものです。
ただし、派遣社員の場合は「派遣先均等・均衡方式」「労使協定方式」によって異なります。

「派遣先均等・均衡方式」の場合、派遣社員は派遣先の「通常の労働者」が比較対象になります。そのため職務の難易度とは関係なく、派遣先企業の賃金水準によって賃金が変動することになります。(派遣社員のスキルアップに関わらず、派遣先が変わったら給与が下がってしまうこともある)

弊社は「労使協定方式」を選択しています。こちらは同じ職種・同じ都道府県で働く一般の労働者の平均的な賃金以上の水準で設定され、派遣先が変わっても、賃金や待遇が下がることがありません。
同一企業の社員を比較対象としていないため、一概に同じ仕事をしたから同じ賃金額になるという訳ではありません。

Q3 同一労働同一賃金によって、待遇はどのように変わりますか?

A3 労使協定を基に皆様の待遇を決定します。
・賃金は同じ職種、同じ地域で働く一般の労働者の平均的な賃金以上の時給が設定されます。
・交通費は実費支給されます。(上限あり)
・派遣会社の「退職金制度」「福利厚生」が使えます。
・「休憩室・更衣室・食堂」などの福利厚生施設は、派遣先の労働者と均等均衡になります。

Q4 示された一般賃金額より給与が高い場合、一般賃金の水準まで引き下げられますか?

A4 下がりません。派遣社員の賃金額は、一般賃金と比較して同等以上という条件です。一般賃金より高いことを理由に派遣社員の賃金を引き下げることは、派遣社員の待遇改善を目的としている改正派遣法では問題があるとされています。

Q5 派遣社員の時給は上がりますか?

A5 詳細は個別にご説明させて頂きますが、皆様労使協定で決定した賃金以上になります。一部賃金が上がる方もいます。少なくとも下がることはありません。

Q6 時給が上がるということは、業務内容や責任範囲が広がってしまうのでしょうか?

A6 今回の同一労働同一賃金の対応によって時給が上がっても、業務内容や責任範囲が広がることはありません。業務内容や責任範囲から判断して、労使協定の賃金テーブルに沿って時給を決定します。

Q7 「派遣先均等・均衡方式」か「労使協定方式」か、派遣社員が選択できますか?

A7 派遣社員が選択することはできません。どちらを適用するかは、派遣会社が決定します。
エイチアールテクノは「労使協定方式」を選択しています。

Q8 どうして「派遣先均等・均衡方式」ではなく「労使協定方式」にしたのですか?

A8 大きく分けて理由は2つあります。
1つめは、派遣先によって派遣社員さんの賃金が不安定にならないためです。派遣先均等・均衡方式の場合、派遣先が変わると時給が下がってしまったり、職務の内容と賃金水準に差異が出てしまうことがあります。労使協定方式であれば、職種ごとに水準以上の賃金を設定しているので、派遣先が変わっても安定した待遇を維持することができます。

2つめは、派遣先企業への負担を小さくするためです。派遣先均等・均衡方式を取るためには、派遣先企業の比較対象者のあらゆる待遇情報を取得しなければならず、派遣先企業の全面的な協力が不可欠です。派遣先企業にとっては負担が大きくなるため、協力が得られない場合には派遣業務の提供ができないことも考えられます。
皆様に安心してご勤務いただくため、派遣会社主導で進めることのできる労使協定方式を選択しました。

Q9 労使協定の内容を派遣社員が確認することはできますか?

A9 できます。こちらのページをご覧ください。

                        Q&A続き(交通費・賞与など)はこちら